新築・リフォーム・保険申請サポート
豊島区・板橋区・文京区の不動産売却なら

0120-554-418

営業時間/10:00~18:00(日・祝定休)

トップ コ・コーデでできること 工事事例 会社概要 求人情報 お問合せ

【板橋区】不動産売却の売却理由 仲介・買い取りの流れと売却方法の違い

【板橋区】不動産売却を成功に導くポイント

板橋区で不動産売却を検討している方もいるでしょう。不動産売却の方法には仲介と買い取りがあり、どのような違いがあるのかよくわからない、という方も多いのではないでしょうか。また、不動産を売却したい際には、売却理由や目的があいまいだと契約までスムーズにいかない場合があります。そのため、売却理由や目的を明確にして情報収集や売却活動を行うことが大切です。

今回は、不動産売却で多い売却理由や事前の確認ポイント、仲介と買い取りの流れや違いについて詳しく解説します。

【板橋区で不動産売却】引っ越し・相続など売却理由と相場・事前準備

板橋区の不動産売却で失敗しないために主な売却理由や事前の確認ポイントについてご紹介します。相場やスケジュールなど把握せずに焦って売却活動を行うと予期せぬ失敗を招くこともあります。高買取、高値での売却が可能な会社に相談しながら、損をしない売却に必要な事前準備を進めましょう。

【板橋区】不動産売却でよくある売却理由

selling

高値での売却や高買取の実績が豊富な不動産会社に相談する際は、相場を把握して専門スタッフの対応なども確認することが大切です。不動産売却では、目的を明確にすることによって、具体的な行動目標を立てることができるようになり、成功につなげることができるでしょう。ここでは、不動産売却をする理由について詳しく解説します。

転勤・転職

不動産売却の理由として、転勤や転職などで引っ越さなければならない場合が挙げられます。住む予定がない場合、そのまま家を残していても維持や管理に費用がかかってしまいます。売却すれば前の家の維持管理費がかかりませんし、不動産を現金化することができ、引っ越しの資金などに充てることもできるでしょう。

住み替え

「子どもが増えた」「(義理の)親と暮らすことになった」など世帯人数の増加で、住み替えを検討する人もいるでしょう。

離婚

離婚を機に家を売却して現金化し、財産分与するケースも見受けられます。また離婚してどちらかが家に住み続ける場合には、家の評価額を折半した金額を相手に支払うことになるでしょう。

金銭的事情

「ローンの返済が苦しくなった」「子・孫が大学へ進学するため教育資金を確保したい」など金銭的な事情によって不動産売却を行うケースもあります。

相続

親が亡くなり実家が空き家になるなど、相続で譲り受けた不動産は持っているだけで固定資産税など税金がかかります。そのため不動産売却で現金化を検討する人もいるでしょう。相続した不動産の名義人が複数いる場合には、初めに相続登記の手続きが必要になります。スムーズにいくように余裕を持って準備を行うことが大切です。

資産整理

高齢となり、投資物件として所有していた不動産を売却して資産整理を行いたいという方も多いでしょう。投資物件の売却では、景気や不動産価格の動向が上向きになっている際に売却をすることで利益を生み出せます。

この他にも、債務整理で自己破産の場合や、任意売却といって売却後も住宅ローンが残ってしまう不動産を金融機関の合意のもとで売却するケースなどが該当します。

【板橋区】不動産売却前の検討事項

Items to consider

不動産売却では目的が不明確で、具体的なアクションを起こせずに失敗するケースも見受けられます。また、目的を明確にすること以外にも、不動産売却前に確認しておくべきポイントがいくつかあるので知っておきましょう。ここでは、不動産売却前に検討すべきことについて詳しく解説します。

不動産会社の情報収集は念入りに

本当に信頼できる会社かどうか、査定に出したときのスタッフの対応、営業力なども総合的に踏まえたうえで慎重に会社選びを行うことが大切です。「高値の価格を提示してくれた」「高買取を謳っている」といった理由だけで安易に決めないようにしましょう。

不動産売却の相場

相場を知らないために「相場よりも安い金額で売却してしまった」「相場よりも高い金額で提示したために売れ残ってしまった」などというケースも見受けられます。適正な価格を提示できるよう、不動産売却の相場について十分に情報収集を行うことが大切です。

諸経費を確認

不動産売却では仲介手数料の他、売買契約書に課税される印紙税や抵当権抹消、司法書士の報酬などの登記費用や測量費、解体費、ごみの処分費用などが発生します。住み替えや転勤などの場合は、引っ越し費用も加わるでしょう。不動産売却では様々な諸経費がかかるため、不動産の金額と別に諸経費の見積もりを依頼しておくと安心です。

土地の境界線を確認

土地の境界線にまつわる近隣住民とのトラブルは少なからず存在します。そのため不動産売却の際には土地の境界線を明確にすることが必要です。場合によっては測量図が必要になることもあるため注意しましょう。

売却スケジュールを検討

不動産会社と媒介契約を交わしたら、スケジュールをどのように組むか検討する必要があります。例えば不動産売却の失敗例として、時間がなく売却を急ぐあまりに安い価格での売却になってしまう場合や、売り時がわからず損をしてしまう場合があります。余裕を持ったスケジュールを組めるように専門スタッフに相談しながら決めることが大切です。

内覧対策

不動産売却前に内覧対策を行っておくことも重要です。部屋がきれいな状態であれば、よいイメージを持ってもらうことができます。トイレやお風呂、キッチンなど毎日使う水回りはよく見られるポイントなので掃除やメンテナンスをきちんとしておくと、評価に反映されやすくなるでしょう。

【板橋区】不動産売却における仲介・買い取りの流れ 高値・高買取を目指そう

売却価格が高値である、高買取に自信があるという会社に相続などで譲り受けた不動産売却を依頼したいという方もいるでしょう。不動産売却には「仲介」と「買取」があります。それぞれ買主や売却活動の有無、相場などの「流れ」に違いがあり、両者の違いを知ることによって売却方法を選択する際に役立ちます。ここでは、仲介と買取の流れや両者の違いについて詳しく解説します。

【板橋区】不動産売却における仲介と買い取りそれぞれの流れ

Flow

不動産売却には仲介と買い取りの2つの方法があります。それぞれの流れについて詳しく解説します。

不動産仲介

1.売却の相談

不動産売却の相場を自分で調べたうえで、不動産会社に売却の相談を行います。インターネットでの一括査定を利用すると、複数の会社から回答をもらうことができます。金額を比較検討しながら、会社のWebサイト、専門スタッフの対応なども踏まえて信頼できる会社を選ぶことが大切です。

2.不動産調査、査定額の提示

次に不動産査定が行われます。実際に現地に行き、物件の状態はもちろん、周辺の環境や隣接地の利用状況、交通機関、利便性などを調査します。この他、登記事項調査として登記簿謄本や地積測量図、公図などが必要です。現地での調査などを踏まえて、具体的な査定額が提示されます。

3.媒介契約

不動産売却では会社と売主との間で媒介契約を交わします。媒介契約には複数の会社と契約できる一般媒介と、1つの会社とのみ行う専任媒介があります。専任媒介の場合は囲い込みといって他の不動産会社に不動産情報を公開せず、自社のWebサイトや顧客にのみ開示し、仲介手数料を2倍得ようとする行為に注意が必要です。

4.売却活動、内覧対応

仲介の場合には会社の地域におけるネットワークを活用して幅広い売却活動が行われます。自分で活動するよりも多くの人々に不動産を見てもらう機会が増えるため効率よく売却活動を進めていくことが可能です。また、問い合わせがあった場合には内覧対応も行います。

5.売買契約締結

売主と買主同士で売買契約を締結します。その際には、登記済権利証書や登記識別情報通知書、本人確認書類、契約書貼付印紙代や仲介手数料などの用意が必要となるため、不足のないよう準備することが大切です。

6.引き渡し

不動産の引き渡しまでの期間にローンの残代金や清算金などの領収書、管理規約、建築確認書など買主へ渡す書類など不足のないように用意しておきましょう。

不動産買取

1.査定額の把握

インターネットなどで簡単にできる一括査定サービスなどを利用して、査定額がどの程度かを把握します。把握しておくと、買い取りで査定額を提示された場合に相場と比較してどうなのかが明確です。同じ間取り、築年数など、所有している不動産と似たような条件を入力すると、比較しやすいでしょう。

2.不動産会社へ査定依頼

一括査定を行って対応のよい、信頼できる会社が見つかったら、より詳しい査定依頼を行います。大手の会社から地域に根差した会社まで様々で、買い取りの実績が豊富な会社など、ノウハウに精通した専門スタッフがいる会社に依頼するのもよいでしょう。

3.打ち合わせ

売主が会社を決め、買い取りの意向が固まれば不動産会社の専門スタッフと打ち合わせに入ります。書類によってはすぐに入手できないものがある場合や手続きに時間がかかる場合もあります。早期に買い取りしてほしいという人はスケジュールに余裕を持って準備をしておくことが大切です。また打ち合わせの内容はメモをする、書面にするなど形として残るようにしておくと後々のトラブルを防ぐことにもつながります。

4.契約の手続き

一度契約を交わしてしまえば内容を変更するということは簡単にできません。そのため契約を交わす前に、注意事項や規定など契約書の内容をもう一度確認しておくことが大切です。

5.引き渡し

不動産を買主に引き渡す準備を行います。引き渡し後すぐにリフォーム工事がスタートする場合、施工会社が下見に来ることもあります。日程の確認・調整などもしておきましょう。

不動産を高値で売却・高買取を希望する方は売却までの流れをおさえておきましょう。

【板橋区】不動産売却における売却方法の違い

Differences

高値の売却、高買取を目指して、相場の調査や情報収集を行っている方もいるでしょう。不動産仲介と買い取りは買主や売却活動の有無、相場が異なります。ここでは、不動産仲介と買い取りの違いについて詳しく解説します。

買主の違い

不動産仲介では買主は一般の人になります。一方、買い取りは不動産会社を相手とする取引となる点が異なります。不動産仲介の方が多くの人々に見てもらえる機会があるため「期間がかかっても」希望の価格で売却したいという人におすすめです。

売却活動の有無

不動産仲介では不特定多数の人々に情報を開示し、宣伝などの営業活動や内覧などを行うため、場合によっては買主が決まるまでに時間を要します。また買主が見つからずに不動産が売れ残ってしまうという心配もあります。

買い取りの場合には、買主が不動産会社とすでに決まっています。売却活動などの必要がない分、スピーディーな契約となるのが特徴です。そのため転勤などで「売却活動に時間をかけることができない」「一刻も早く所有している不動産を現金化したい」という場合などに買取はおすすめです。

不動産価格の違い

不動産会社は買取後に物件をリフォームして、自社保有の物件として売りに出します。あるいは物件を解体して更地にするなどして土地を売りに出すこともあるでしょう。リフォーム代や解体の費用は不動産会社が負担することになるため、その分の費用を差し引いた価格が買取価格として提示されることとなります。そのため仲介に比べて、不動産の価格が低く設定されることが多いのです。

ただ、仲介の場合には仲介手数料が別途発生し、成約期間が長期化する可能性も考えると、買い取りを早く成立させたい方が買い取りにメリットを感じるのではないでしょうか。

板橋区で不動産売却なら住まいの専門家、コ・コーデにご相談を

不動産売却においては売却理由や目的を明確にし、スケジュールには余裕を持って準備を慎重に進めていくことが大切です。また仲介と買い取り、それぞれの違いを理解して、景気や不動産価格の相場・動向なども踏まえ、どちらかよい方法を選択できるとベストです。

板橋区で不動産売却をご検討中の方は不動産売却の専門店にお任せください。不動産売買の実績豊富なスタッフが丁寧に対応いたします。

コラム一覧

  1. 【板橋区】不動産売却の売却理由 仲介・買い取りの流れと売却方法の違い
  2. 【板橋区】リフォーム業者の選び方・リノベーションとの違い
  3. 【文京区】不動産買取の基本と買取業者の選び方
  4. 【文京区】リフォームの流れ・助成金・火災保険申請

板橋区で不動産売却をご検討の方はコ・コーデへ

社名 株式会社CO・COORD(コ-コーデ)
代表 高安 孝光
住所(本店) 〒170-0013 東京都豊島区東池袋2丁目13−7 東急ドエル・アルス大塚台1F
住所(九州支店) 〒861-4172 熊本県熊本市南区御幸笛田2−20
電話番号
FAX 03-5396-7182
E-MAIL info@co-cooord.co.jp
URL https://co-coord.com/
受付時間 平日10:00~17:00
事業内容 戸建・マンションリフォームの企画・設計・施工
店舗デザイン・改修、住宅コンサルティング
保有資格 一般建設業 東京都知事許可(般-1)第150573号
住宅瑕疵保証
住宅瑕疵保険 住宅あんしん事業者 事業者番号 0065255
弊社はあんしんリフォーム工事瑕疵保険に登録しております。
グループ会社 ソリッドホーム株式会社
顧問弁護士 高橋むつき法律事務所 高橋 むつき

お問合せ

住宅の新築・リフォーム、店舗の改築、その他住宅についての
ご相談やご質問などはお電話または下記フォームより承ります。
(フォームからの返信がない場合は、お手数ですが再度ご連絡をお願いいたします)

0120-554-418

お名前必須
メール必須
電話番号任意
ご要望・詳細任意
個人情報保護方針