新築・リフォーム・保険申請サポート
豊島区・板橋区・文京区の不動産売却なら

0120-554-418

営業時間/10:00~18:00(日・祝定休)

トップ コ・コーデでできること 工事事例 会社概要 求人情報 お問合せ

【文京区】リフォームの流れ・助成金・火災保険申請

【文京区】リフォームにおける助成金と保険申請

初めてのリフォームは、どのようなことから準備をすればよいのかと迷うことばかりでしょう。「人気のデザイナーズ風にできるのか」「費用はどのぐらい必要なのか」など考えなければいけないことがたくさんあります。しかも、リフォームの方法は戸建てやマンションなどの住居用と店舗などの商業用では若干違いがあり、それぞれを得意とする業者に依頼することが大切です。

今回は、マンションや店舗のリフォームを成功させるための助成金や火災保険申請などの基礎知識を解説します。

マンションリフォームの流れと文京区でおすすめの助成金

リフォームの流れと文京区の助成金について解説します。

ポイントを押さえながら流れを踏まえていく中で、最も大きな心配ごとが資金面の課題ではないでしょうか。文京区から受けられる補助もありますので、「リフォームは必要、でも予算が心配…」という場合は業者選びや見積もりの比較・検討とあわせて、助成金などの補助を検討してみませんか?

【文京区】リフォームの工事開始までの流れ

remodeling work

お住まいのマンションなどをリフォームする際には、工事を依頼する前にしなければならないことがたくさんあります。リフォームの流れについて順を追ってみていきましょう。

1.リフォームの内容を決定

ご家族で話し合いをしてどの部分に不具合があり、どのようにしたいのかを考えましょう。

例えば…

  • キッチンの使い勝手が悪い
  • 部屋を人気のデザイナーズ風にしたい
  • 大きな地震が来たら不安だ
  • 断熱性を高くしたい など

間取り・内装に関することや構造上のことについても話し合う必要があります。

リフォームは不具合があるたびに直していくよりも、一度にまとめて気になるところをリフォームした方が費用を抑えられます。将来的なことも考えバリアフリーとあわせて検討するのもおすすめです。

なお、リフォームに似た語としてリノベーションというものがあります。リフォームは不具合がある個所を新しく改装すること指し、リノベーションは現在ある機能に新しい機能や価値を付ける改装工事を指します。リフォームはマイナスであったものをゼロに戻すことに対して、リノベーションはプラスアルファの機能を付けると考えていただくとよいでしょう。

2.リフォームに関する情報収集

どのようなリフォームにするのか具体的に決まったら、次はインターネットなどでリフォームやリノベーションの事例を見て情報を収集しましょう。

会社によっては人気のデザイナーズマンションのようなリフォームやリノベーション事例を掲載していますので参考にするとよいでしょう。デザイナーズマンションのような部屋は人気があるため公式WebサイトやSNSなどにたくさん掲載されています。自分の好みに合ったデザイナーズ風のお部屋を探してみてください。

3.依頼する業者探し

次は依頼する業者を探します。例えば、文京区内にお住まいの方でしたら文京区内の業者でもよいですし、インターネットから探すのも一つの方法です。

複数業者への見積もり依頼・比較がおすすめですが、価格だけではなく業者の対応や得意分野を知っておきましょう。中には店舗専門・大規模マンション専門など特定分野に特化したリフォーム業者もあります。目的とするリフォームが得意な業者を見つけましょう。

4.リフォーム工事開始

依頼する業者が決まったら契約内容をもう一度確認し、問題なければ工事開始です。このときに周囲への挨拶を忘れないようにしましょう。

【文京区】リフォーム時に受けられる助成金

Subsidies received

耐震性強化やバリアフリー化などのリフォームをする際には、助成金などの補助を利用できます。リフォームは費用がかかるものなので、できる限り利用することをおすすめします。ここでは、文京区で利用できる助成金を紹介します。

耐震診断助成金

1981年5月31日以前に建築された住宅が対象となり、耐震診断費用の一部が負担されます。金額は耐震改修費用の10分の5~10分の8まで、最大で50万円の助成金が出るという制度です。

耐震改修工事助成金

耐震性強化を目的とした建物の改修や建て替えを行う場合に費用の一部が助成される制度です。1981年5月31日以前に建築され耐震化基準を満たしていない建物が対象で、マンションでも助成金を利用できます。ただし、分譲マンションの場合はマンションの総会で耐震改修工事の実施に同意した書面(議決したときの議事録など)が必要です。助成金額は建物の種類によって違うため文京区役所に問い合わせてみてください。

高齢者等住宅修築資金助成

文京区内に住む65歳以上の高齢者の方や、障害のある方と同居している親族がリフォームをする際に受けられる助成金です。上限を20万円として、消費税抜きの10%を助成します。この助成金は事前申請が必要です。

介護保険住宅改修

要介護認定を受けた文京区民の方は、自宅での介護に必要な小規模リフォームについて最大20万円の補助金利用が可能です。補助金額は介護認定の度合いによって変わります。

助成金・補助金などの内容は毎年更新されるため、利用する際には必ず文京区役所に確認するようにしましょう。もし、補助や助成金を利用する場合は助成金が対象となるリフォームに詳しい文京区周辺の業者をおすすめします。

【文京区】リフォーム・リノベーション時に知っておきたい火災保険申請

リフォームやリノベーションをする際に知っておきたい火災保険申請についてお伝えします。

一戸建てやマンション、店舗など持ち家や賃貸にかかわらず必ず加入しなければならないのが火災保険でリフォームできることもあります。特に台風や地震などの自然災害は火災保険の対象となるケースなので該当するケースを確認し検討してみましょう。

【文京区】リフォームに火災保険を活用

Utilizing fire insurance

火災保険を利用してリフォームを行える場合があります。可能なケースを見てみましょう。

火災保険でのリフォームとは

火災保険は住宅・店舗問わず加入者が火事や自然災害などで損害を受けたときに、補償を受け取れる保険制度です。経年劣化や故意的な破損などは認められません。例えば台風などで屋根や外壁、雨樋などが破損したケースが該当します。

保険金を受け取るには保険申請を行う必要があります。ただし災害による損害請求をする場合は、根拠を証明しなければなりません。根拠が不十分だと、申請しても保険金を受け取れないことがあります。そのため専門の業者による申請サポートを利用するとよいでしょう。

火災保険申請サポートとは

外壁に亀裂があったり、屋根の瓦が壊れていたりしてリフォームする場合に専門家が見ると経年劣化が不具合の原因ではなく、台風や地震といった自然災害による不具合が発覚する場合もあります。

特に最近では大型の台風が毎年日本列島を直撃しているため、気が付かないうちに被災している可能性もあるのです。リフォーム業者の中には自然災害によって家の不具合があるとわかれば火災保険申請をサポートする業者もあります。火災保険申請のサポートはリフォームを依頼しなくても利用可能なのでぜひ、相談してみましょう。

火災保険申請サポート業者と火災保険申請代行業者の違い

火災保険申請サポート業者は主に現地調査と保険会社に提出をする書類作成のサポートや助言ができます。例えば、保険申請に必要な修繕工事の見積書や被害箇所の証拠写真の確保など火災保険申請サポート業者に相談してみてください。

火災保険申請代行業者との違いは申請代行の有無です。火災保険申請代行業者は火災保険申請に関するすべてのことを、申請者本人に代わって業者が行いますが、火災保険申請サポートでは申請の代行はできません。書類作成の書き方などのサポートはできますが、火災保険申請は契約者ご本人が行う必要があります。

【文京区・リフォーム】火災保険申請サポートのメリット

support

火災保険申請サポート業者を利用するメリットを説明します。

必要な申請・書類の記入漏れ防止

自然災害によって被害が出た場合は、気が付いていない箇所も被害を受けていることがあります。特に屋根の上や、隣家と接している外壁など普段意識しないような箇所が破損しているとなかなか見つけることができません。記入漏れなどがあると被害に含まれず、受け取れる保険金額が下がる可能性があります。

火災保険申請サポート業者を利用した場合、業者が家の外壁から屋根の上など見えない部分もしっかりと調査するため、被害箇所の漏れを防ぐことができます。その他にも、作成した書類の提出は契約者本人が行いますが、提出前に火災保険申請サポート業者が書類に不備がないかをチェックします。

火災保険申請サポート業者は見落としがちな見えない箇所の被害やつまずきがちな書類のチェックで火災保険を活用するリフォームをスムーズに進めます。

提出に必要な書類の一部を作成

火災保険申請には「保険金請求書」「事故被害説明書類」「被害箇所写真」「修繕見積書」の4つの書類が必要です。このうちの「被害箇所写真」と「修繕見積書」は火災保険申請サポート業者が作成します。その他の書類も書き方がわからないときには助言できますので、申請者の負担が減るメリットがあります。

保険金を受け取る確率を高める

火災保険は申請をしたからといって必ず保険金を受け取れるとは限りません。受け取るためには審査があるからです。火災保険申請サポート業者は、どうすれば審査が通りやすくなるかなどのノウハウを持っているため、申請者本人のみで保険申請をするよりも審査を通過する確率がかなり高くなるでしょう。

文京区でマンション・店舗を人気のデザイナーズ風にリフォーム!

コ・コーデでは、文京区を中心にマンション・戸建てのリフォームやリノベーション、店舗の改修を行っております。人気のデザイナーズ風のお部屋にもリフォーム可能です。また、台風や地震で被害に合ったときには火災保険申請サポート業務も行っており、お客様の保険申請がスムーズに進められるようサポートしております。文京区周辺でリフォームや店舗の改修を検討されているお客様はぜひ、コ・コーデにご相談ください。

コラム一覧

  1. 【板橋区】不動産売却の売却理由 仲介・買い取りの流れと売却方法の違い
  2. 【板橋区】リフォーム業者の選び方・リノベーションとの違い
  3. 【文京区】不動産買取の基本と買取業者の選び方
  4. 【文京区】リフォームの流れ・助成金・火災保険申請

文京区でリフォームをするならコ・コーデへ

社名 株式会社CO・COORD(コ-コーデ)
代表 高安 孝光
住所(本店) 〒170-0013 東京都豊島区東池袋2丁目13−7 東急ドエル・アルス大塚台1F
住所(九州支店) 〒861-4172 熊本県熊本市南区御幸笛田2−20
電話番号
FAX 03-5396-7182
E-MAIL info@co-cooord.co.jp
URL https://co-coord.com/
受付時間 平日10:00~17:00
事業内容 戸建・マンションリフォームの企画・設計・施工
店舗デザイン・改修、住宅コンサルティング
保有資格 一般建設業 東京都知事許可(般-1)第150573号
住宅瑕疵保証
住宅瑕疵保険 住宅あんしん事業者 事業者番号 0065255
弊社はあんしんリフォーム工事瑕疵保険に登録しております。
グループ会社 ソリッドホーム株式会社
顧問弁護士 高橋むつき法律事務所 高橋 むつき

お問合せ

住宅の新築・リフォーム、店舗の改築、その他住宅についての
ご相談やご質問などはお電話または下記フォームより承ります。
(フォームからの返信がない場合は、お手数ですが再度ご連絡をお願いいたします)

0120-554-418

お名前必須
メール必須
電話番号任意
ご要望・詳細任意
個人情報保護方針